より良い妊活を!頭に入れておきたい不妊の原因

男性でも受けられる不妊治療

不妊治療を受けるのは女性というイメージが強いですが、不妊の原因は女性だけではなく、男性の無精子症のせいで妊娠できないという場合もあります。その時は、男性用の不妊治療を受けることで妊娠することができます。
男性のEDや早漏が原因の場合は、性行為ではない方法で精子を女性の体内に届けることも可能です。また精液の中の精子が少ない場合もそれを集めて届けると成功率が上がります。人工授精も選択肢の一つとして検討してみましょう。

パートナーと二人で治療を行って無理のない妊活をしよう

診断

パートナーと一緒に検査してもらう

性行為を行っても妊娠できず、妊活を行っている夫婦は年々増えてきています。妊活マカと呼ばれる、男性の勃起不全を治したり精力を増強させたり、女性の卵巣機能を強化したりするサプリメントを使っている方も多いでしょう。しかし妊活を行うにあたって、不妊の原因を突き止めないことには努力もお金も無駄になってしまいます。
妊活の成果を確実に出すためには、第一に妊娠できない原因の把握が重要です。不妊治療の専門クリニックに受診に行くと、なぜ妊娠できないのかを詳しく検査した上で、自分たちで頑張るかクリニックが妊活に介入するかか決定します。その時は、女性だけでなく男性も一緒に受診しましょう。不妊の原因は女性、男性どちらにあるか分からないので、両方検査して突き止めなければ妊活の成功が望めないからです。
大阪では、夫婦で受診すると両方の検査を同時進行で行ってくれたり、患者の考えを尊重してカウンセリングしたりしてくれるクリニックがたくさんあります。その中から検査を受けるクリニックを選び、妊活が一歩でも前進するように努力しましょう。

受精するまでの過程に異常がないかチェック

不妊は、何らかの理由で受精が成功しないことで起きます。考えられる原因の中でありふれたものの一つが、排卵期と性行為のタイミングのズレです。精子と卵子がどちらも健常でも、タイミングを間違えると排卵の前に精子が死んでしまうため、受精できません。この可能性をチェックするために、不妊治療では卵子がどのくらい育っているか超音波で確認し、排卵期を予測します。
男性側に不妊の問題がある場合は、精子が卵子の元に辿り着く前に死滅してしまったり、無精子症であったりする可能性があります。精子の運動率が低いと、受精までに時間がかかり精子が寿命を迎えてしまいますし、無精子症ならそもそも受精は成り立ちません。これらの可能性をチェックするには、紙コップなどで精液を採取し、顕微鏡で見ることで精子があるか、動きが活発かどうかを見ます。
卵子に問題がある不妊の場合は、ほとんどの場合細胞が老いていて減数分裂が上手くいかず、卵子が正常に作られないことが原因です。この可能性を探るには卵巣年齢を調べるのが一番簡単で早いです。

不妊治療クリニックの選び方

病院

二人に寄り添った不妊治療を行ってくれるクリニックを選択しよう

不妊治療は、病気の治療と違って必ずしもすぐに治療しなければならない訳ではなく、選択肢も豊富なので、夫婦がどういった妊娠を希望しているのかが大きく治療に反映されるべきです。大阪で不妊治療のクリニックを選ぶ時は、妊娠成功例の多さではなく、医者が知識や検査結果を伝えた上で夫婦の希望を最大限尊重した妊活を進めてくれるかどうかに重点を置きましょう。

READ MORE

[PR]無精子症の検査を受けよう
優良クリニックを厳選特集♪

[PR]人気の妊活マカをpickup☆
価格や特徴を徹底解説!

[PR]妊活に必要な栄養素はサプリで補おう
優良商品の特徴を徹底解説!

[PR]不妊治療は大阪で受けるのがお勧め
施術内容を要チェック!

[PR]名医に不妊鍼灸を依頼
評判の高いクリニックを厳選特集♪